建築士になるには

資格でスキルアップ

建築士になるには

建築関連の仕事に就きたい方は、建築士の資格にも興味を持っているのではないでしょうか。
建築士は法律に基づいて建物を設計する、工事を管理する建築に関する仕事ができるという証明になります。
ちなみにこの資格ですが、3つの種類に大別することができます。
それぞれについて詳しくみてみましょう。

私達が普段よく耳にするのは一級建築士や二級建築士という資格だと思います。
二級は都道府県知事より与えられる建築の資格であり、一級は国土交通省より与えられる資格です。
もちろん二級より一級のほうが高い知識やレベルが求められます。
そのため建物の構造や広さによっては一級を持っていなければ取り扱えない事例が出てくるのです。

さらに木造建築しと言う資格もあります。
これは木造の建物に特化している建築士の資格です。
その資格を取るためには、それぞれ資格試験を受験する必要があります。

また受験資格も異なりますので、調べてみましょう。
二級の受験資格を例にとってみてみましょう。
大学で建築関連の学問をおさめた人に関しては、実務経験がなくても資格試験が受験できます。
ただし高卒の場合は3年以上建築関連での実務経験が必要です。

安定してニーズがある資格「建築士」

建築士とは、主に建物を作る際の設計を考えたり、設計図通りに工事が進んでいるかをチェックしたり、調査や企画などの手続きを業務とする職業、またはその資格を持っている人のことです。
建築物を設計したり監理したりするのは、古くは大工などの職人が行うことがほとんどだったのですが、近代では大きくて複雑な建物が作られることが多くなってきたので、建築物を作る際の様々なことを統括する役割の人が必要となったために、アーキテクト(建築士)という職業が誕生しました。
アーキテクトはギリシャ語が語源で、arkhiは主任、tektonは建築者という意味です。
建築士は、年に1回行われる試験に合格すれば、免許を受け取って業務を行うことができるようになります。
大きい建築物を監理したり設計したりするには必ずこの免許が必要になってきます。
資格の種類は主に、一級、二級、木造の3つがあります。
どの資格をとるかによって、それぞれ業務する建築物が変わってきます。
一級の場合は、国土交通大臣から受ける免許で、高度なテクニックが必要となる建築物など全ての建物の設計監理を行えるものです。
二級の場合は、都道府県知事からの免許を受け、一定以下の規模の建築物を作る業務を行うことができます。
木造の場合は、都道府県知事からの免許を受けて、木造に関する建築物を設計したり監理したりする者です。
この資格を持つ人は色々な場所で必要とされているため、ニーズも安定しています。
資格取得をお考えの際は、詳しい情報が載っているサイトなどで調べてみると良いでしょう。


Favorite

石垣島のダイビングサービス「ストリートマリンクラブ石垣島」。観光に最適な離島ターミナル・ユーグレナモール・公設市場まで徒歩3分。素泊まり宿も併設。

石垣島で楽しく体験ダイビング

銀座の美容院!進化したピコプランでまったく新しいアクアヘアへ

銀座高級美容院

オリジナルTシャツを作成できます!

オリジナルTシャツ 作成

大人気カラコンを激安でお届けします。

カラコン 度あり ワンデー

日々のくらしにアクセントを!

トイレマット ロング

最終更新日:2014/12/16